周囲に迷惑を掛けないように

徹底的に歯を磨こう

食べたあとに必ず磨く

歯垢や歯石が溜まることも、口臭の原因の1つです。
それらが溜まってしまうのは、普段の歯磨きがきちんとできていないことが理由だと忘れないでください。
適当に歯を磨いていたり、食事のあとに磨かなかったりするとすぐに汚れが溜まります。
口臭を予防したいなら、食後の歯磨きを徹底しましょう。

どうしても歯を磨くタイミングがない場合は、口をゆすぐだけでも構いません。
また歯磨きは、優しい力加減で行いましょう。
力を入れると歯が傷つき、そこに汚れが入り込んで着色汚れに繋がってしまいます。
軽く歯を擦るだけでも汚れが落ちるので、余計な力は必要ありません。
また力を入れて擦ると歯ブラシにもダメージを与え、毛先がすぐボロボロになります。

クリーニングを受けよう

歯医者に行くと、ホワイトニングだけでなくクリーニングを受けることができます。
クリーニングとは専用の器具を使い、歯垢や歯石を取る作業のことを言います。
歯垢や歯石は歯ブラシで落とすのが難しいので、それらが溜まっている人はすみやかに歯医者に行きましょう。
クリーニングでも、軽度の着色汚れは落とせます。

またこの時に、口内をチェックしてもらってください。
すると、虫歯になっていないかわかります。
もし虫歯になっていても初期の段階に治療すればすぐ治りますし、痛みを感じません。
さらに検診の際に、フッ素を塗ってもらいましょう。
フッ素を歯にコーティングすると、汚れが付きにくくなります。
着色汚れがつくことの予防にもなりますね。