周囲に迷惑を掛けないように

汚れが大きな原因になる

手っ取り早く着色汚れを落としたい場合は、歯医者に行くのが良い方法です。 医師にホワイトニングを依頼すると、すぐに効果を実感できると思います。 この方法だと自宅のホワイトニングでは落としにくい、タバコの汚れでも簡単に落とせる面がメリットと言われます。

ホワイトニングの方法

着色汚れがついていると、次第に口臭がひどくなってしまいます。
特にタバコの汚れが口臭に繋がりやすいので、ホワイトニングをするのが良い方法です。
すぐに効果を発揮したい、自分でホワイトニングをすることに抵抗を感じる人は歯医者でホワイトニングを依頼しましょう。
その場合は、5000円ほどの料金が発生します。
料金は高いですが自宅で行う時よりも強力な薬剤を使用でき、頑固なヤニ汚れだって落とせます。

自宅でもホワイトニングができるので、自分の好きなタイミングで行いたい、費用を削減したい人はこちらを選んでください。
ただ自宅で行うホワイトニングは、すぐに効果を発揮できません。
何回も繰り返すと、次第に歯が白くなるものだと認識してください。
そのため納得のいく白さになるまで、時間が掛かります。
またやり方を間違えると歯や歯茎を傷つける可能性があるので、手順をよく確認しましょう。

着色汚れ以外の汚れも、口臭の原因になります。
ですから普段から歯磨きを真剣に行い、口内に汚れを残さないよう努力しましょう。
定期的に歯医者に行き、クリーニングを受けるのが良い方法です。
すると歯垢や歯石など、固まった汚れも落とせます。
クリーニングでも着色汚れを除去できるので、気軽に相談しましょう。
歯医者に行くのは、3か月に1回ぐらいが良いですね。
それ以上間隔が空くと汚れが溜まりすぎて、除去するのが大変になります。
またこの時に、虫歯のチェックをしてもらうことも可能です。

安く済ませるなら自宅でしよう

歯医者でやるホワイトニングより、自宅で行うホワイトニングの方が安く済みます。 自宅で行うホワイトニングにはマウスピースを使う方法と、専用の消しゴムを使う方法があります。 軽度の着色汚れは、消しゴムでも十分対応できるでしょう。 まずはそちらから、試すと良いですね。

徹底的に歯を磨こう

歯垢や歯石などの汚れが口内の残っていることも、口臭の原因になります。 そのため口内に汚れが残らないよう、歯磨きを丁寧に行いましょう。 定期的に歯医者に行き、クリーニングや検診をしてもらうのがおすすめです。 クリーニングも、着色汚れの改善に効果を発揮します。